はじめてキャバクラでバイトして感じたこと

夢のような仕事

キャバクラではたくさんの人がしっかりと自分自身を支えてくれますので、私としてはこのお店でバイトとして働くことは満足できる理由になっています。様々なタイプの接客方法がありますので、一人一人のお客さんにあったような内容の接客を心がけています。私は求人をみてこのお店で働き始めたのですが、とにかくありえないくらいにお金が稼げるということが分かりました。いろんなタイプの人間がやって来ますので、その人の好きな話題を探っていくのが中々難しいんですが慣れてくるとコツも掴めて人見知りをする私でも会話の中でヒントを見つけることができます。たくさんの人が良い感じに接客が出来ていると私自身もしっかりとしないとという気持ちになりますのでお互いのレベルアップにつながっていきます。楽しい時間を過ごすためにはしっかりとした努力が必要です。このキャバクラのアルバイトは間違いなく求人にもある通りで活躍ができればかなりお金を手に入れることができる夢のような仕事です。

女性画像

自分らしく働けるアルバイト先見つけた

落ち着いた感じのキャバクラに在籍してます。入店した理由は、求人見たら他のアルバイトより全然時給がよかったからです。グランドピアノ置いてるぐらいですからシックな雰囲気なんですが、それも気に入ってというのもあります。あんまりバカ騒ぎは得意じゃないんで、こっちの方が仕事しやすそうに感じたからです。ワイワイ飲むというよりも静かに飲むといった感じなんで、キャバクラよりもクラブみたいな雰囲気はあるかもしれません。最初は昼間にしている仕事との都合もあって、ヘルプという形でアルバイトさせてもらってました。ヘルプの場合には自由出勤なんで都合を合わせやすかったからです。慣れてきたところでシフト制の出勤に変えてもらいました。それでも急な用事あるときは都合を付けてもらえるんで、シフトで縛られてしまうことはないです。逆に急に予定が空いて今日は出勤できる、って時はシフト以外でもヘルプ出勤できるので、都合よく稼ぐことができます。自分らしく働けることではいいアルバイト先見つけたと感謝しています。

ルックスのコンプレックスも解消できた

昔から自分のルックスにコンプレックスを抱いていた私ですがキャバクラで働くようになってから自信満々で生活できるようになって、人生が大きく変化したような感じがします。バイトをしただけで人生に変化が生じるので考えたこともありませんでしたが、お金もたくさん稼げるし、質の良いメイク製品も購入することができているので、プライベートでも充実するようになりました。今までは道で歩いていて男の人に声をかけられることなんてありませんでしたが最近は声をかけられるようになりました。キャバクラの求人に応募するまでは、絶対にありえなかったことだと思います。きっと自分に自信がある女の子というのは魅力的に映るのかもしれませんね。今後はとにかく自信を失わないようにしながら男の人を癒せるように頑張って働いていきたいと思います。お店のこともしっかりと考えてお客さんをキープできるように楽しいお話ができるようにネタ作りも頑張ります。

初めてのチャレンジでしたね!!

キャバクラのバイトの求人を見かけたので、初めてチャレンジしてみました。体験入店を含めていろいろと勉強することができたので、自信を持ってバイトを始めることができました。未経験の私でもしっかりと受け入れてくれるようなお客さんの雰囲気がとても気に入りました。男性スタッフもとても丁寧な対応だったのでここなら仕事がやりやすいのかなと思いながら、最初の方は毎日出勤していました。今では完全にこの仕事に慣れましたし、どうやったらお客さんを獲得できるかということもゆっくり考えられるようになりました。いろいろと最初の頃は悩んだ時もありましたがすぐにアドバイスをもらえたりして、本当に助かりました。自分も後輩が出来たら絶対に助けてあげたいなと思います。お金が必要だったので、なんとなく始めたアルバイトでしたが、ここまで長続きするとは思ってもいませんでした。一生懸命やっていれば給料にも反映されるので、リッチになりました。

すごくいい環境!

どうやったら人気が出ていくのかということを考えていくだけでも結構楽しい時間になるのがキャバクラのアルバイトです。最初は求人をなんとなく見ていたら高収入だからという触れ込みがあったので見ていただけなんです。普通に求人には良いことが書いてありますので単純な私はならここで働こうという感じでとりあえず体験入店をしないったんです。そこで驚いたのはいくつかあるんですが、まず思った以上に明るい職場だったということです。キャバクラのアルバイトのイメージはどちらかというと怖いイメージでしたが、そんなものはまったくなくて普通に可愛い女の子が綺麗なドレスを着て笑顔で働いているだけでした。正直いい意味で拍子抜けしちゃいました。そして次に感動したのはお店の人がしっかりとフォローをしてくれる体制になっていたということです。この世界は弱肉強食みたいなイメージがあったのでついてこれなければ辞めていいよみたいな文化があると思っていましたが違いました。